お尻 ブツブツ 治す

原因別で対策をする!お尻のブツブツを治すためのポイントとは?

気になるお尻のブツブツを治すには、原因を知ることが肝心です。
そして、様々な原因に対応した治療方法が欠かせません。

 

ブツブツの原因

 

  • お尻を強く洗いすぎている
  • 締め付ける通気性の悪い下着の着用
  • 長時間硬い椅子や床に座っている
  • 便器に座った後、そのままトイレを出る
  • 保湿やマッサージを怠っている

 

ひとつひとつの原因の対策を紹介していきましょう。

 

おしりブツブツの原因の詳細はコチラ

 

お尻を強く洗いすぎている

 

入浴の際に、ついやってしまう残念なお手入れ方法がこれです。

 

吹き出物やブツブツがお尻に出来ると、ゴシゴシと擦ってしまいがちです。
何とかキレイにしたい気持ちは、理解できます。
しかし、この対策が逆効果になってしまうのです。

 

コツとしては、丁寧に優しく洗うことがポイントです。
余計な刺激は与えないようにしましょう。
柔らかいタオルを使うか、手のひらで直接洗うのも良いでしょう。

 

 

締め付ける通気性の悪い下着の着用

 

締め付けるタイプの下着は、肌にダメージを与えてしまいます。
また、通気性の悪い下着は、お尻に蒸れをもたらしてしまうでしょう。

 

蒸れは、お尻の肌トラブルの原因になってしまいます。
なるべく通気性の良い下着を着用しましょう。

 

 

長時間硬い椅子や床に座っている

 

仕事などで長時間、硬い椅子に座っている方はちょっと工夫が必要です。
クッションや座布団を使うことで、十分なお尻の肌トラブルの対策になります。

 

 

便器に座った後、そのままトイレを出ない

 

トイレを出る時には、便座を清潔に保つようにします。
ウェットティッシュなどで、軽くサッと拭くことで雑菌を予防できます。
入浴の際には、なるべく椅子に腰掛けないようにしましょう。

 

 

保湿やマッサージを怠っている

 

入浴の後に欠かしたくないのが、お尻のマッサージです。
保湿も兼ねて、マッサージを行いましょう。
ボディローションや専用のクリームなどを使用すると、効果的です。

 

 

これらの対策を行っても、効果が出ない場合があるでしょう。
その時には、市販薬や通院を考えてみて下さいね。